今、稼ぐなら株式会社クリアのLivefarm(ライブファーム)

【口コミ】株式会社CLEARのLivefarm(ライブファーム)その実態は!?

仮想通貨のTHETAとソニーがタッグを組む

time 2021/03/11

仮想通貨のTHETAという通貨を提供している会社とソニーが2021年においてタッグを組みインターネット回線を通してサービスを提供しようと試みています。この取組についてですが、THETAが持つ技術の中にP2P分散型によるデータ通信技術と言う物があります。これはTHETAが開発及び提供している技術で、仮想通貨の送金および入金システムで用いられている技術です。

技術自体は簡潔に申しますと、ネットワーク上に取引情報を分散し、後から分散した情報を寄せ集め本来のデータとするという仕組みで、ネットワークを占有することなくネットワークであまり使用しない通信領域でデータをやり取りすることが出来ると言う物です。

この技術の利点は正にネットワークの通信負荷を減らすことが出来る点にあり、実は技術自体は2000年代初頭に定着していた技術です。しかし、THETAはその技術をさらに見直し、動画コンテンツの配信やゲーム用のストリーミング配信の他、ゲームのインターネットの特殊回線として応用することで技術力を高めていったのです。

この技術に目を付けたのがソニーになり、ソニーも同様にゲーム事業を展開しており、ゲーム機を通して動画コンテンツにアクセスすることが出来る技術を有しています。ですが、ソニーは自社のサーバーを利用することによりソニーが提供できるゲーム屋動画コンテンツを配信するという仕組みを取り入れているためある問題が生じていたのです。

それは、サーバーへの不正アクセスおよびサーバーダウンです。通常一か所のサーバーからデータをやり取りするとある危険性があり、それは一つのサーバーからデータが盗み出されるという問題の他、サーバーが利用できなくなればすべてのサービスが停止してしまうという問題です。

これを分散してネットワーク上でデータをやり取りするP2P型通信に置き換えることでネットワークがダウンすることや不正アクセスを防ぐことが出来るとソニーは考え2021年においてTHETAが提供するプログラムのチェックなどをして運用に向けて整備しています。

この技術をうまく生かすことが出来れば、仮想通貨の入金や出勤と言う使い方の他にゲームのダウンロードや動画のダウンロードなどにも応用できるため、仮想通貨の価値も上がればその技術自体の価値も上がると見ています。技術的な価値が上がれば利点においては、THETAを所有すること自体に意味を持つようになりますし、有名な企業に技術を使用してもらえるとなれば、仮想通貨としては安定したイメージを持つことが出来るため、この家電メーカーとのタッグを組んだTHETAは仮想通貨産業としては伸びると見ています。